消費者の自己責任の必要が迫られる現在の社会環境下において、衣類の購入や手入れに関する市場では、事業者側の情報開示が不十分で消費者が不利な立場に立たされている現状にあります。
このような現状を解消するためには、消費者自らが知識を身につける必要性があると考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です